Home原状回復

原状回復とは

原状回復工事は、アパート、マンション、オフィスの退去者が入居する前の状態にもどす工事が基本となります。
壁クロス貼り替えや床CFシート貼り替え、ハウスクリーニング、小修繕リペアー、塗装、水廻り工事や、建具の調整などの雑工事の原状回復工事は、当社の1番得意とし、リフォームから設備工事までトータルに請け負っております。
また、壁クロス一面貼り+ハウスクリーニングのみでも当社ではお手伝いさせて頂きます。
不動産管理会社様、オーナー様どうぞお気軽にご相談ください。

原状回復とは

原状回復工事は、アパート、マンション、オフィスの退去者が入居する前の状態にもどす工事が基本となります。
壁クロス貼り替えや床CFシート貼り替え、ハウスクリーニング、小修繕リペアー、塗装、水廻り工事や、建具の調整などの雑工事の原状回復工事は、当社の1番得意とし、リフォームから設備工事までトータルに請け負っております。
また、壁クロス一面貼り+ハウスクリーニングのみでも当社ではお手伝いさせて頂きます。
不動産管理会社様、オーナー様どうぞお気軽にご相談ください。

https://kk-manda.co.jp/wp-content/uploads/2021/08/restoration_06.jpg

オーナーの持つ課題

賃貸物件の資産価値を高めるために、しっかりとした原状回復工事が必要となります。質の高い工事技術とサービスを持つ原状回復のプロに相談する事が大切です。原状回復業者をお選びになる時、賃貸経営をされているオーナー様は何を基準に選びますか?
「単純に価格の安さ」「対応スピード」「技術力」「信頼と安心の高さ」などの原状回復工事を選ばれる会社が多いと思います。もちろんこれらの要素は大切ですが、株式会社 萬田が考える基本原状回復ポイントは、1つです。
それは「賃貸経営をされているオーナー様の想像を超えるサービス力」
オーナー様が常日頃思う基準は、株式会社 萬田ではプロとして当たり前と思い作業に当たっています。
私たちは、原状回復のプロとして長年培ったノウハウをもとにその物件に合った最良の原状回復をし、ただ修繕的な回復ではなく、誰もがこんなに変わるんだ!と言っていただけるような、ビックリするぐらいの独創性をご提供できればと思って仕事に励んでいます。
そして私共の持つ技術=サービスが最終的にお客様(ご利用者様)に気に入ってもらえてすぐに、「ご契約」となる・・・空室とさせない原状回復作業に繋がればと思っています。

https://kk-manda.co.jp/wp-content/uploads/2021/08/restoration_02.jpg
https://kk-manda.co.jp/wp-content/uploads/2021/08/restoration_03.jpg

オーナーの持つ課題

賃貸物件の資産価値を高めるために、しっかりとした原状回復工事が必要となります。質の高い工事技術とサービスを持つ原状回復のプロに相談する事が大切です。原状回復業者をお選びになる時、賃貸経営をされているオーナー様は何を基準に選びますか?
「単純に価格の安さ」「対応スピード」「技術力」「信頼と安心の高さ」などの原状回復工事を選ばれる会社が多いと思います。もちろんこれらの要素は大切ですが、株式会社 萬田が考える基本原状回復ポイントは、1つです。
それは「賃貸経営をされているオーナー様の想像を超えるサービス力」
オーナー様が常日頃思う基準は、株式会社 萬田ではプロとして当たり前と思い作業に当たっています。
私たちは、原状回復のプロとして長年培ったノウハウをもとにその物件に合った最良の原状回復をし、ただ修繕的な回復ではなく、誰もがこんなに変わるんだ!と言っていただけるような、ビックリするぐらいの独創性をご提供できればと思って仕事に励んでいます。
そして私共の持つ技術=サービスが最終的にお客様(ご利用者様)に気に入ってもらえてすぐに、「ご契約」となる・・・空室とさせない原状回復作業に繋がればと思っています。

https://kk-manda.co.jp/wp-content/uploads/2021/08/restoration_02.jpg
https://kk-manda.co.jp/wp-content/uploads/2021/08/restoration_03.jpg

3種類の耐久年数とは

建物には必ず寿命があり、いつか壊れる可能性があるからこそ、修繕が必要になってきます。
マンション(鉄筋コンクリート造)の耐用年数は60年といわれてます。
残存率は築35年で約80%、60年になりますと38%となり、60年が経年劣化の目安となります。

物理的耐久年数

物理的要因により建物に重大な欠陥(劣化)が生じる場合

社会耐用年数

住人のライフスタイルや価値観が建物の寿命に影響する場合

経済的耐用年数

劣化というよりは時間の経過などにより、外観のデザインや機能が時代にマッチしなくなる場合

3種類の耐久年数とは

建物には必ず寿命があり、いつか壊れる可能性があるからこそ、修繕が必要になってきます。
マンション(鉄筋コンクリート造)の耐用年数は60年といわれてます。
残存率は築35年で約80%、60年になりますと38%となり、60年が経年劣化の目安となります。

物理的耐久年数

物理的要因により建物に重大な欠陥(劣化)が生じる場合

社会耐用年数

住人のライフスタイルや価値観が建物の寿命に影響する場合

経済的耐用年数

劣化というよりは時間の経過などにより、外観のデザインや機能が時代にマッチしなくなる場合

今求められるマンション経営環境とは

①建物の快適性と安全性

快適なマンション生活の維持と形成その保全が確保されるシステムを導入していること

②良好な居住環境のための法律

災害の未然の防止と安全の実現のための諸法律や新規定を積極的に遵守できていること

③安定した収益

維持、保全を行う上での経済性の検討と耐久性の延長をはかり、健全な経営環境が構築
できていること

今求められるマンション経営環境とは

①建物の快適性と安全性

快適なマンション生活の維持と形成その保全が確保されるシステムを導入していること

②良好な居住環境のための法律

災害の未然の防止と安全の実現のための諸法律や新規定を積極的に遵守できていること

③安定した収益

維持、保全を行う上での経済性の検討の耐久性と延長をはかり、健全な経営環境が構築できていること

(株)萬田の5大ポイント

(株)萬田の
5大ポイント

経費削減
不必要なものは不必要!とはっきり言い、本当に必要なご提案をさせて頂くことで経費削減へと繋がります。
良きアドバイス
株式会社萬田では、ただ原状回復の施工をするだけでなく賃貸オーナー様が思いもつかないような満足のいくアドバイスをし、お部屋がすぐに埋まる原状回復のご提案を致します。
技術力の高さ
年間に何千件もの施工を行う為、高い技術レベルでなくてはなりません。その為ベテランは常に若手を高いレベルで教育をし、スタッフ一人一人が最高のパフォーマンスを発揮できるよう精進しています。
丁寧な仕事
目の届きにくいところまで丁寧に作業をし、プロとして恥ずかしくない原状回復作業をしていきます。
信頼や安心
株式会社萬田に任せとけば問題ない!と言われるよう原状回復を専門とした高い技術力と、多くの経験から得た判断力でオーナー様の信頼を裏切らない安心した仕事をさせて頂きます。
https://kk-manda.co.jp/wp-content/uploads/2021/09/reformrei02-640x480.jpg

フローリングリフォーム

クローゼット施工後

クローゼットリフォーム

キッチン04施工後

キッチンリフォーム

原状回復・リノベーションなら、相模原の株式会社萬田, 2021 © All Rights Reserved